2020.12.26更新

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

この時期になると乾燥やダメージで髪がまとまらないという方も多いと思います。

 

 

毎日しっかりケアをしているのにどうしても髪がよくならないなど...

 

  

そんな時はサロントリートメントのTOKIOトリートメントをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ルルーで導入しているTOKIOトリートメントの種類は通常のTOKIOトリートメントとハイパーTOKIOトリートメントの2種類になります。

 

 

メニューとしては、「TOKIOトリートメント」「TOKIOスチームトリートメント」「ハイパーTOKIOトリートメント」となっています。

 

 

 

 

 TOKIOトリートメントの特徴

TOKIOトリートメントの特徴は「インカラミ反応」と言う特許を取得した補修システムです。

 

インカラミ反応とは髪の内部でタンパク質を反応させて内部補修をしていく補修方法です。

 

このインカラミ反応により従来のトリートメントよりも補修力やトリートメントのもちが格段にアップしました。

 

 

 

 

TOKIOスチームトリートメント 

 TOKIOスチームトリートメントは通常のTOKIOトリートメントにスチームを使って内部補修力を強化したものになります。

 

通常のTOKIOトリートメントよりも補修力が高く、髪がしっとりと柔らかく仕上がります。

 

アイロンなどの熱などにより、固くゴワゴワになってしまった髪が柔らかく仕上がるので、とても扱いやすくなります。

 

 

 

 

ハイパーTOKIOトリートメント 

 ハイパーTOKIOトリートメントはTOKIOシリーズで最高峰の補修力を誇るトリートメントです。

 

このハイパーTOKIOトリートメントは限られたサロンのみが導入を許されているトリートメントです。

 

従来のTOKIOトリートメントよりも、インカラミ反応に有効な補修成分が多く配合されているので、補修力やもちが更にアップしました!

 

仕上がりの質感はハイダメージでテロテロになってしまった髪に芯が一本通ったようなしっかりした質感になります。

 

ハイダメージにより毛先がフワフワしてまとまらない方など、とにかくダメージをなんとかしたいという方にオススメです。

 

 

 

 

最近はサロントリートメントの種類がとても多く、トリートメント専門店などもあり選択肢が多くなってきました。

 

 

トリートメントでお店を探す際は、サロンごとのトリートメントの特徴を理解して自分に合ったトリートメントを受けるようにしましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.25更新

シャンプーのすすぎ残しには注意!

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近急に寒くなってきましたが、毎日のシャンプーはとても面倒ですよね...

 

 

髪の短い僕が思うのですから、髪が長い人や量が多い人は特にそうですよね。

 

 

サクッと洗ってササっと流して終わりにしたいところです...

 

 

しかし、そこで注意が必要です。

 

 

シャンプーのすすぎは念入りにしましょう!

 

 

特に髪の量が多い人は要注意です。

 

 

シャンプーのすすぎがあまいと、頭皮のイヤなニオイやフケや吹き出物の原因になってしまいます。

 

 

また、頭皮を痛めてしまったり、抜け毛が多くなったりと思わぬ頭皮トラブルの原因にもなってしまいます。

 

 

すすぎの際は自分が思っているよりもしっかり流しておきましょう!

 

 

特に後頭部の髪が密集している部分はしっかり流すように心がけましょう。

 

 

目安としては洗いの約2~3倍の時間をかけてすすぐと良いとされています。

 

 

今の時期は乾燥によって頭皮のバリア機能が低下している人も多いと思いますので、刺激の強いシャンプーでのすすぎ残しは最小限にしたいところです。

 

 

ダメージが気になる人や、お肌が弱い人は刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使うと安心です。

 

 

そこで、おすすめのアミノ酸系シャンプーは「TOKIO IE INKARAMIシャンプー」です。

 

 

しかし、アミノ酸系シャンプーを使ったからと言っても油断せず、しっかりすすぐようにしましょう!

 

 

この時期は頭皮のトラブルが起きやすいので、シャンプーのすすぎ残しのないようにしっかり流しましょう。

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.18更新

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

今年は寒いと長期予報で言っていましたが、ここ最近本当に寒くなってきましたね!

 

 

乾燥で手のカサカサ具合もひどくなってきました。

 

 

乾燥はお肌の大敵ですが、もちろん頭皮にも影響を及ぼします。

 

 

カサカサするのは頭皮も一緒です。

 

 

この時期になると肩に小さいフケが乗っている方をよく目撃してしまいます。

 

 

細かいフケは乾燥によるフケであることが多く、誰しも出てしまうものです。

 

 

発生してしまった場合は髪が短い男性やベリーショートなどの女性が目立ちやすいです。

 

 

また、スーツや色の濃い洋服の方も目立ってしまいます。

 

 

フケも皮膚が剥がれ落ちたものですから多少はしょうがないのですが、あまりにも多いと印象が良くないですよね。

 

 

なるべくでしたらフケの発生はおさえたいところです!

 

 

そこで大切なのが頭皮の保湿です。

 

 

この小さいフケなどは皮膚の病気などでなければ多少は防ぐことができます。

 

細かくパラパラしたフケは乾性フケの可能性が高いく、文字通り乾燥した状態の頭皮に出てきてしまうフケです。

 

 

対処法は頭皮の保湿になります。

 

 

フケを治そうと思ってトニック剤を使う方もいますが、スースーするようなものは余計に頭皮を乾燥させてしまうので注意しましょう。

 

 

理想のケア方法はスカルプ系の乾燥を抑えるシャンプーとトリートメントです。

 

 

おすすめのシャンプー・トリートメントはTOKIO IE SPAです。

 

 

TOKIO IE SPA

TOKIO IE SPA

 

 

TOKIOスパのシャンプーは洗浄力が非常にマイルドで、頭皮の油分を程よく残してくれます。

 

 

またTOKIOスパのトリートメントはシリコンが入っていないので、頭皮に直接つけて保湿することができます。

 

 

・頭皮か乾燥している方

・細かいフケが気になる方にはとてもおすすめです。

 

 

特に男性で普段スーツを着ていてフケが気になる方は、ぜひ一度使ってみてください!

 

 

TOKIO IE SPAの購入はこちら

 

池袋ルルー 黒須孝宏 

投稿者: L'heureux

2020.12.16更新

シャンプーは泡立ちの良さも大切!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

髪は人それぞれで同じ施術をしても傷んでツヤがなくなってしまう人もいれば、カラーを複数回してもツヤがありキレイな髪を保てる人など様々です。

 

 

何をしても髪がキレイな人は羨ましいですよね。

 

 

髪質によって傷みやすかったり傷みにくかったりありますが、髪のツヤ感に一番関係しているものが、髪表面にあるキューティクルです。

 

 

このキューティクルはツヤ感だけではなく、手触りや髪の乾燥を防いでくれたりと、健康毛にしていくにはとても大切な部分と言えます。

 

 

キューティクルは美容施術などのカラーやパーマはもちろん、摩擦などによって意外と簡単に剥がれてしまいます。

 

 

摩擦と言えば、無理なブラッシングが思い出されますが、シャンプー時も摩擦がおきてしまう場合があります。

 

 

それはどんな時かというと、泡立ちの悪いままガシガシ洗ってしまった場合です。

 

 

シャンプーは「しっかり泡立てて」と良く言われますが、泡立ちが悪いとダメージにつながってしまうんです!

 

 

ドラッグストアなどに売っているシャンプーは泡立ちの良いものが多いのですが、その分洗浄力が強いものが多くなっています。

 

 

しかし泡立ちが良くても、洗浄力で髪や頭皮をダメージさせてしまっては意味がありません。

 

 

その逆に洗浄力がマイルドなアミノ酸系のシャンプーは泡立ちが少し悪いと言われることが多い洗浄成分です。

 

 

泡立ちが悪いと摩擦によるキューティクルへのダメージの原因になってしまうだけではなく、洗った気がしない...という方も多いと思います。

 

 

しかし最近のアミノ酸系などのマイルドな洗浄成分でも泡立ちが良くなるように、洗浄剤を複数配合してシャンプーが作られていたりします。

 

 

欠点である泡立ちの悪さを、ほかの泡立ちの良い洗浄剤で補う感じです。

 

 

 

洗浄力がマイルドなシャンプーで泡立ちの良いものをお探しの際は、ぜひTOKIO IEシリーズを使ってみてください。

TOKIO IEシリーズ

 

アミノ酸系のシャンプーを使ったけど泡立ちがいまいちで、あまりアミノ酸系は使いたくないという方にも納得いただける使用感だと思います。

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.14更新

アイロンなど高温の熱には要注意!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

この時期は毛先が乾燥でまとまらなくなってしまい、髪をコテで巻いたり、アイロンで伸ばしたりする方も多いと思います。

 

 

髪はほとんどがタンパク質でできているのですが、タンパク質は熱に弱く、高温のアイロンを使うとタンパク質が変形してしまいます。

 

 

このタンパク質が変形した状態になると髪は固くなり、ゴワつきやまとまりにくさの原因となってしまいます。

 

 

高温のアイロンを使う時は注意が必要です!

 

 

そこで今回は高温のアイロンを使うときの注意点を書いていきます。

 

 

・アイロンを使う時はしっかり乾かす

 

髪が濡れている状態でアイロンやコテを使わないように注意しましょう!

 

髪が濡れた状態で高温のアイロンを使ってしまうと、髪内部の水分が一気に蒸発してしまい枝毛や切れ毛などダメージの原因になってしまいます。

 

 

・あまりにも高い温度は要注意

 

市販のアイロンで210℃まで高くなるアイロンがありますが、そこまでの高温は要注意です。

 

高くても150~160℃くらいまでの方が良いですが、それぐらいだとセットがいまいちという方もいると思います。

 

もう少し高い温度で使いたいという方は、一度アイロンを通したところは再度通さないようにするなど、サクッと手短に使うようにしましょう!

 

 

・オイルなど洗い流さないトリートメントを使う

 

熱が髪に直接当たらないように、オイルなど洗い流さないトリートメントを使って髪を保護しながらアイロンを使いましょう!

 

洗い流さないトリートメントを使うとアイロン後の髪も柔らかくツヤのある髪へと仕上がります。

 

ちなみにオススメのオイルトリートメントはTOKIO IE OUTKARAMI OIL.TREATMENT
(トキオ IE アウトカラミ プラチナム オイルトリートメント)です。

 TOKIO IE OUTKARAMI OIL.TREATMENT (トキオ IE アウトカラミ プラチナム オイルトリートメント)

TOKIO IE OUTKARAMI OIL.TREATMENT
(トキオ IE アウトカラミ プラチナム オイルトリートメント) 

 

 

熱によるダメージでタンパク質が変形してしまうと、サロントリートメントをしても元には戻りません。

 

 

ダメージをしないようにアイロンを使うことが一番大切です。

 

 

特に毎日アイロンを使う方は注意しましょう!

 

 

髪がパサつきやすい季節ですので、ダメージの原因は最小限に抑えておきたいですね!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.12更新

頭皮の感想とダメージケアの両立

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

空気が乾燥してしまうと頭皮がかゆくなったり、フケが出てきてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

頭皮が乾燥してしまうと、頭皮のバリア機能が低下してしまいます。

 

 

これはお肌も一緒ですよね。

 

 

乾燥を防ぐようなスカルプ系のヘアケア製品などがありますが、補修力がものたりなかったりもします。

 

 

スカルプ系のシャンプー・トリートメントを使って頭皮のコンディションが上がったとしても、髪がゴワゴワのままでは使い続けることは難しいですよね。

 

 

乾燥で頭皮のケアをしたいけど、髪のダメージ補修もしたいという方も多いと思います。

 

 

そこでおすすめのヘアケア製品がTOKIO IE SPAです!

 

 

TOKIO IE SPA

 

 

TOKIOのインカラミ反応で髪の補修をしながら、頭皮の保湿をしてくれる優れものです。

 

 

TOKIOスパラインはシャンプーとトリートメントでの展開となっており、シャンプーはアミノ酸系シャンプーで、ほどよい油分を頭皮に残しながら洗いあげてくれます。

 

 

また、トリートメントにはシリコンが入っていないため、頭皮につけることができ直接頭皮を保湿することができます。

 

洗浄力はTOKIOシリーズの中でも一番優しくなっていますので、冬などの皮脂が出にくい時期などにはうってつけです。

 

 

洗浄力が優しいと洗った気がしないという方のために、少量ですがメンソールが配合されているので洗いあがりもスッキリするようにできています。

 

 

香りはレモングラスの香りになっています。

 

 

頭皮のフケやかゆみが気になっている方はぜひ使ってみてください!

 

 

TOKIO IE SPAの購入はこちら

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.07更新

TOKIO IE HYPER INKARAMI

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

TOKIO IE HYPER INKARAMIが発売されて2カ月が経ちました!

 

 

まだまだ知らなかった方も多いようですが、徐々に購入しに来る方が増えてきました。

 

 

そこで知らなかった方のためにTOKIO IE HYPER INKARAMI(トキオIEハイパーインカラミ)を簡単におさらいしていきます。

 

 

ハイパーTOKIOはサロントリートメントとホームケア用とに分かれています。

 

 

サロントリートメント、ホームケアともに限られたサロンでしか取り扱いがありません。

 

 

通常のTOKIO IE(ホームケア)はネットでも販売されているのですが、TOKIO IE HYPER INKARAMIはネットでは販売されていません。

 

 

ハイパーTOKIOのサロントリートメントを導入済の限られたサロンでしか販売できないのです。

 

 

ハイパーTOKIOはTOKIOシリーズの中で最高峰のブランドになり

 

 

・シャンプー

・トリートメント

・洗い流さないトリートメント

 

 

での展開となっています。

 

TOKIO IE HYPER INKARAMI

 

従来のTOKIOシリーズよりもダメージ補修力が高く、ダメージした髪を修復しハリコシ感をよみがえらせます。

 

 

香り3種類ともレモングラスの香りとなっております。

 

 

発売当初は大々的に広告を打たずにひっそりと発売していたので、知らなかった方も多かったのではないでしょうか。

 

 

最近は徐々に購入しに来る方も多くなってきました。

 

 

ダメージが気になる方はぜひ使ってみてください!

 

 

TOKIO IE HYPER INKARAMI(トキオIEハイパーインカラミ)のページへ 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.05更新

髪をダメージから守る

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

この乾燥した季節では髪がまとまりにくかったり、パサつきやすかったりと髪がいうことを聞いてくれません。

 

乾燥などによる髪の悩みがいろいろ出てくる季節ですよね。

 

この季節ならでわの悩みでもありますね。

 

乾燥が原因でダメージしてしまうこともありますのでダメージ補修をしたいところですが、ダメージ補修の前に大切なことがあります。

 

それは、髪をダメージから守ることです。

 

どんなによいシャンプーやトリートメントを使っていても、補修幅よりもダメージー幅が大きければどんどん傷んでいってしまいます。

 

美しい髪への第一歩はダメージの進行を止めることです。

 

そこでこの時期のダメージの原因になりやすいのは

 

・髪の絡まり

・シャンプー

・ドライヤーでのオーバードライ

 

などです。

 

 

・髪の絡まり

 

髪が静電気などによってバサバサになってしまいますよね。

 

バサバサになってしまった髪を放置してしまうと絡まりが発生します。

 

その絡まりをほどこうとして強引に引っ張ってしまうとキューティクルの損傷を招いてしまいます。

 

キューティクルが損傷してしまうと髪の水分保持能力が低下してしまい、乾燥髪の原因になってしまいます。

 

しっとり系のトリートメントを毛先中心につけたり、洗い流さないトリートメントを使って静電気の発生を抑えるようにしましょう!

 

 

おすすめしっとり系トリートメント

トキオIEプレミアム トリートメント 

TOKIO IE INKARAMI PREMIUM TREATMENT

(トキオIEインカラミプレミアム トリートメント)

 

 

・シャンプー

 

シャンプーの目的は汚れを落とすことですが、シャンプーの洗浄成分が強すぎてしまうと最低限必要な油分までも落としてしまいます。

 

よってカラカラな乾燥毛へとなってしまうのです。

 

シャンプーは洗浄力がマイルドなシャンプーを使うようにしましょう。

 

 

おすすめの洗浄力がマイルドなシャンプー


TOKIO IEは全ラインのシャンプーが洗浄力マイルドになっています。

 

 

・ドライヤーでのオーバードライ

 

髪を乾かす際にドライヤーを使うと思いますが、乾かしすぎには注意してください!

 

乾かしすぎると髪内部の必要な水分までもが蒸発してしまいます。

 

この必要な水分までもが蒸発してしまうことをオーバードライと言って、ここまでなると髪は何をしてもいうことを聞かなくなります。

 

オーバードライの少し前でドライヤーを止めるようにしましょう!

 

そして、オーバードライにならないように洗い流さないトリートメントを必ずつけるようにしましょう!

 

 

おすすめの洗い流さないトリートメント

 

・アイロンやコテを使う方

TOKIOオイルトリートメント

TOKIO IE OUTKARAMI OIL TREATMENT

(トキオIEアウトカラミ オイルトリートメント)

 

・ドライヤー仕上げの方

TOKIOエアトリートメント

TOKIO IE OUTKARAMI PREMIUM AIR.TREATMENT

(トキオIEアウトカラミ プレミアムエアトリートメント)

 

・ダメージが気になる方

ハイパーTOKIOオイルセラム

TOKIO IE HYPER OUTKARAMI OIL SRUM.TREATMENT

(トキオIEハイパーアウトカラミ オイルセラムトリートメント)

 

今の時期はダメージをさせないケアがとても大切ですので、日頃のケアを見直してみてはいかがでしょうか。

 

TOKIO IEの購入はこちら

 ※TOKIOハイパーシリーズは店頭販売のみとなっており、ネットのお取り扱いは、プレミアム・プラチナム・スパとなっております。

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.12.04更新

髪のパサつき、それってクセかも!

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

空気の乾燥がひどく髪がパサパサになってしまいがちなこの時期、なんとか髪をまとまりのある状態にもっていきたいですよね。

 

 

シャンプーやトリートメントをいろいろ調べて評判の良いケア剤に変えたりしたけど結局変わらないという方も多いと思います。

 

 

もしかしたらダメージや乾燥などでまとまりがなくなっていると言うよりかは、クセでまとまらないという可能性はないでしょうか?

 

 

もしもクセが原因でまとまらないのであればシャンプーやトリートメントを変えても期待するほどの効果は感じられない可能性があります。

 

 

クセが原因でまとまらないのであれば、縮毛矯正などでクセを伸ばしてしまった方が良いのかもしれません。

 

 

しかし、縮毛矯正をかけたての時は良いのですが、少し時間が経つと自宅でのケアのしかたによってはパサパサ感が出てきてしまう場合があります。

 

 

そんな時は洗浄力のマイルドなシャンプーと内部補修をしっかりしてくれるケア剤を使うようにしましょう!

 

 

縮毛矯正は美容施術の中でも髪へのダメージが大きく、ホームケアがとても大切になってきます。

 

 

美容室で縮毛矯正をしてからしばらくは、サラサラしてダメージをしていない様な感覚になります。

 

 

このダメージをしていない感覚はとても怖く、ヘアケアをおろそかにしてしまう可能性があります。

 

 

ダメージを感じていなくても、確実に髪のダメージは進んでいます。

 

 

ここでいかにケアをしっかりしていくかで、数週間後、数カ月後に違いが出てきます。

 

 

縮毛矯正も万能ではないので、ヘアケアをおろそかにしてしまうと、ある日を境に急にダメージを感じ始める時が来ます。

 

 

そうならないためにも、TOKIOシリーズの様に洗浄力がマイルドで内部補修をしっかりしてくれるホームケアラインを使うようにしましょう。

 

 

ダメージを感じ始める前に使うことが大切ですので、早めにケアを始めてみてはいかがでしょうか!

 

 

TOKIO IEのページへ

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

SEARCH