2020.06.24更新

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

今は梅雨時期で肌寒い日もありますが、暑い日も徐々に増えていきますね。

 

 

暑くなっていくとお風呂上がりのドライヤーがとても過酷です...

 

 

なるべくドライヤーは使いたくないですが 

 

 

暑いからと言って濡れたままでは髪にとても悪いです。

 

 

濡れたまま放置すると雑菌が繁殖してニオイやフケ、かゆみなどトラブルの原因になってしまいます。

 

 

また、濡れた髪はとてもデリケートでダメージを受けやすかったり、カラーのもちが悪くなったりします。

 

 

ドライヤーは傷むからと常に自然乾燥の方がいらっしゃいますが、濡れたままの方が良くないので気をつけましょう

 

 

ドライヤーのダメージが気になる方や、ドライヤーである程度キレイに仕上げたい方は洗い流さないトリートメントが必須アイテムになってきます。

 

 

シャンプー同様、洗い流さないトリートメントも種類がとても豊富です。

 

 

ドライヤーの熱で傷んでしまわないか心配な方は、熱に反応して補修してくれるタイプのものを使うようにしましょう!

 ↓ ↓

 トキオIE アウトカラミ プラチナム オイルトリートメント

トキオ IE アウトカラミ プラチナム オイルトリートメント

 

 

 

また、湿気で広がってしまう方は広がりを抑えてくれるタイプを選ぶとヘアスタイルのもちが良くなります。

 ↓ ↓

 トキオIE アウトカラミ プレミアム エアートリートメント

トキオ IE アウトカラミ プレミアム エアートリートメント

 

 

 

シャンプーやトリートメントをなんとなくで選ぶのではなく、効果や特徴を確認して選ぶようにしましょう!

 

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.06.19更新

梅雨にはホームケアで対抗しよう!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

嫌な季節がやってきましたね。

 

 

そう!梅雨の季節です...

 

 

そして梅雨と言ったら髪の広がりが気になる季節ですよね。

 

 

髪がまとまらなかったり、

 

 

朝セットしてもすぐに崩れてしまったり

 

 

髪がなかなか言うことを聞いてくれない季節ですよね。

 

 

あまりにもクセが強くてどうすることもできない場合は縮毛矯正一択だと思いますが、そこまでクセも強くなく、広がりを抑えて扱いやすい髪にしたい場合はホームケアを頑張るという選択肢も出てくると思います。

 

 

髪はダメージをしている部分ほど水分を含みやすく、湿度が高い日はすぐにスタイルが崩れてしまいます。

 

 

ダメージが進んでいる髪は、内部がスカスカで空気中の水分を吸収しやすくなっているのです。

 

 

そこで内部をしっかり補修してくれるケア剤を使うことによって、空気中の水分が入り込むスペースを埋めてしまいます!

 

 

そうすることによって空気中の水分を吸いにくい髪へと仕上がってくれます。

 

 

そこで問題なのがどのケア剤が髪内部までしっかり補修してくれるものなのか?です

 

 

ルルーのオススメはTOKIOのホームケアシリーズです。

 

 

TOKIOのホームケアシリーズはサロントリートメントと同じ補修システムで、髪内部でタンパク質が絡み合って補修をしてくれます。

 

 

この補修システムは「インカラミ反応」と言って特許を取得してるためTOKIOシリーズでしか体感することのできないものとなっています。

 

 

TOKIOのホームケアシリーズは

 

 

「プレミアム」「プラチナム」「スパ」の3ラインになっています。

 

 

プレミアムは、ハイダメージや広がりやすい方にオススメでしっとりとした質感です。

 

 

プラチナムは、ノーマル~ダメージ毛の方にオススメでサラサラとした質感です。

 

 

スパは頭皮が乾燥してしまう方や敏感肌の方にオススメです。

 

 

どのラインにしようか迷ったら「プラチナム」の小さいサイズから使ってみて、物足りないようでしたら次回からは「プレミアム」という順番で使てみるのがオススメです。

 

 

毛先が広がってしまう方や、ダメージが気になっている方は一度試してみてはいかがでしょうか!

 

 

TOKIOホームケアの購入はこちらから

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.06.08更新

トリートメントも種類はいろいろ

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近はシャンプーやトリートメントの種類がとても多くなっていて何を使っていいのかわからないですよね。

 

 

リンスやコンディショナー、トリートメント、ヘアパックなどなど、、、

 

 

自分で選ぶ時にどう違うのか疑問に思ったことはありませんか?

 

 

そこで今回は洗い流すタイプのトリートメントの種類について書いていきたいと思います。

 

 

 

リンス

 

シャンプー後の髪の表面に被膜を作り、滑りを良くし髪を整えやすくするものです。

 

また、静電気を防ぐ効果もあります。

 

リンスは日本独自のもので、今はほぼコンディショナーに代わっています。

 

 

 

コンディショナー

 

リンスの保護効果を高めたものがコンディショナーです。

 

シャンプー後の髪表面を保護するという基本機能はリンスと同じですが、リンスに比べて油剤やコンディショニング成分が多く配合されています。

 

 

 

トリートメント

 

髪をなめらかにし、クシ通りや指通りを良くする働きがあります。

 

また、カラーやパーマなどダメージを受けた髪にトリートメント成分を補給して、ハリ・コシを与えたり、潤いを保持したりする働きがあります。

 

髪表面や内部に入り込みダメージ補修をしてくれます。

 

 

 

ヘアパック・ヘアマスク

 

一般的にはトリートメントよりも補修能力が高いとされています。

 

トリートメントと比べて成分濃度が濃いため、週1~3回の集中ケアとして使用をオススメしているメーカーもあります。

 

 

 

一般的にはこのように分けられている事が多いですが、実はコンディショナー・トリートメント・ヘアマスクはメーカーによってそれぞれ定義が違っていて統一されていません。

 

 

 

美容室専売品は効果や使い方を説明してくれるので安心して使えますが、市販品はしっかりと表記を読むなどして使用しましょう。

 

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2020.06.05更新

色落ちの原因はシャンプーかも

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近は気温も上がってきて真夏日なんて日も出てきましたね。

 

 

今年の夏は例年よりも暑くなるとの予想が出ていました。

 

 

最近は日差しと湿度で、パサつきが目立つようになってきた方も多いのではないでしょうか?

 

 

パサパサに見える原因の一つにカラーの褪色があります。

 

 

カラーが褪色してしまい毛先に黄色い部分が出てきてしまうと、パサついて見えるようになってしまいます。

 

 

また、褪色した部分に日光が当たると髪がスカスカに見えてしまい、まとまりのないヘアスタイルとなってしまいます。

 

 

褪色の原因はいくつかありますが、お家で使っているシャンプーが最も影響していると考えられています。

 

 

毎日使っているシャンプーの洗浄力が強いと色が落ちてしまい、ダメージの強い部分から黄色っぽさが出てきてしまいます。

 

 

色持ちの良い理想的なシャンプーは洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーです。

 

 

アミノ酸系シャンプは程よく油分を残してくれるので、しっとりと仕上げることができます。

 

 

ホームケアの基本はシャンプーです!

 

 

何から始めたら良いのかわからない方は、一度シャンプーを変えてみることをオススメします。

 

 

オススメのアミノ酸系シャンプーはTOKIO IE INKARAMI(トキオIEインカラミ)です。

 

 

洗浄成分はアミノ酸でできていて、洗い上りがとても滑らかです。

 

 

また、トリートメントとセットで使っていただくと、内部補修効果が抜群です。

 

 

特許技術による補修力もTOKIOのオススメポイントの一つです!

 

 

またいつ自粛生活になるかわからない今だからこそ、なるべくダメージしにくい色持ちの良いシャンプーを使ってみるのも良いかもしれません。

 

 

TOKIOの購入ページはこちら

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux