2018.07.30更新

シャンプーの防腐剤って?

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

今年は全国的に気温・湿度共に高くて過ごしずらい日が続きますね…

 

 

この高温多湿で食べ物も食中毒が心配です。

 

 

これだけ気温が高いと、お弁当などの食べ物を外に持って行くのが怖いですよね。

 

 

今年はそれだけ過酷な環境になっているという事ですね。

 

 

そして、高温多湿と言ったら風呂場ですよね!

 

 

お風呂場は非常に過酷な環境なのです。

 

 

そこに置いてあるシャンプーは大丈夫なのでしょうか?

 

 

実はシャンプーも腐ってしまうんです。

 

 

シャンプー容器に記載されている成分の先頭に来ているものは水ですよね。

 

 

大半が水でできているシャンプーは腐ってしまいます。

 

 

そこで腐らせないように配合されているものが防腐剤です。

 

 

しかし、この防腐剤の考え方が面白いのです。

 

 

シャンプーに防腐剤が「必要派」と「必要ない派」の攻防があるのです。

 

 

考え方の違いなのでなんとも言えませんが…

 

 

ちなみに、自分は防腐剤必要派です(笑)

 

 

防腐剤は高温多湿のお風呂場の中でシャンプーを腐らせないようにするために配合されているのですが、菌の繁殖を抑えるので多少の毒性があると言われています。

 

 

シャンプーに防腐剤が入ると安全性に欠けるという事です。

 

 

そこで、安全性を謳った無添加のシャンプーが出てきます。

 

 

無添加のシャンプーを発売するメーカーは防腐剤の危険性をアピールしてきます。

 

 

一方、防腐剤配合のシャンプーを作っているメーカーは防腐剤が入っていない事での危険性をアピールしてきます。

 

 

何にでも長所・短所がありますから、どちらが良い悪いはないのではないでしょうか?

 

 

そこで大事になってくる事は、自分の考えです。

 

 

個人的には防腐剤がシャンプーに入っていても良いと考えています。

 

 

防腐剤が入っていると言っても少量ですし、何よりも防腐剤よりも洗浄成分の方が大切だと考えています。

 

 

しかも、洗浄成分が良質なものだと腐りやすいし、ほとんどのシャンプーに配合されています。

 

 

また、腐ったシャンプーはすごく臭いです…(笑)

 

 

防腐剤にはいろいろな種類があるのでパラベン(防腐剤)フリーと書いてあっても、完全に防腐剤が入っている訳ではなく、パラベンの代わりに他の防腐剤が入っている可能性もあります。

 

 

いろいろな表記の仕方がありますので、惑わされないようにしましょう。

  

 

今はシャンプーの種類が豊富で選ぶのが難しくなってきています。

 

 

自分の考えを大切にし、長所短所を理解したうえで商品を選んでいきたいですね。

 

 

今回は何かと議論される防腐剤の簡単なお話でした!

 

 

ぜひシャンプー選びの参考にしてみて下さい!!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.22更新

暑くても髪はしっかり乾かそう!

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

皆さん暑さに負けずに頑張っていますか? 

 

 

この暑い時期に厄介なものと言ったら髪を乾かす時のドライヤーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

 

なるべくだったらドライヤーを使いたくないですよね。

 

 

エアコン・ドライヤー・扇風機を駆使して乾かしている方もいますし、ドライヤーが嫌で髪をバッサリ短く切る方もいらっしゃいます。

 

 

乾かすのが暑いからと言って濡れたまま放置するのは要注意です。

 

 

知っている方も多いと思いますが、髪は濡れている時の方がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

美容室でトリートメントをしても、良いシャンプーを使っていても全て台無しになってしまう危険性があります。

 

 

トリートメントなどの補修するヘアケアも大切ですが、傷ませないヘアケアと言う考え方もとても大切です。

 

 

そして、あまりいないとは思いますが、濡れたまま寝るのはすごく危険です!

 

 

たまに見かけるのですが、後頭部の髪が「グリグリ」になって傷んでる方がいますが、そんな風になりかねないです。

 

 

一度なってしまうと、とても厄介ですので乾かしていな方はしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

 

 

また、濡れたまま放置していると、菌が繁殖してしまい頭皮や髪が不衛生になってしまいます。

 

 

菌が繁殖してしまうと臭いの原因にもなってしまいます…

 

 

意外と自分のニオイって気づきにくいのでしっかりとケアしておきましょう!

 

 

暑いとは思いますがお風呂上りはなるべく早めに乾かして、ダメージから髪を守って衛生的な頭皮にする事を心がけましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.20更新

続く猛暑日に気をつけよう!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

全国で猛暑日が続いていて、とにかく暑いですね…

 

 

熱中症で搬送されている方も多いようですので、皆さん気をつけて下さい。

 

 

それにしてもこれだけ暑いと、気をつけていても夏バテになってしまいますよね…

 

 

夏バテも髪へ悪影響を及ぼす危険性があるので注意が必要です!

 

 

夏と言ったら紫外線が髪に悪影響を及ぼすことは皆さんも知っていると思いますが、暑さも間接的に髪に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

皆さんも経験があると思いますが、暑い日が続くと夏バテっぽい感じになってしまい、食欲がどうも出ないってことありますよね?

 

 

髪の毛を形成している成分は身体の中を巡って余った栄養で形成されているので、食生活が偏ったり栄養が足りていないと、髪の毛にも影響が出てきてしまいます。

 

 

具体的には、髪がパサパサになったりハリコシが出にくかったり、弱々しいダメージのしやすい髪になってしまったりと、髪への影響は様々です。

 

 

一概には言えませんが、どちらかと言ったら紫外線は今生えている髪への影響が大きく、夏バテはこれから生えて来る髪への影響が大きいように思います。

 

 

また、高温と湿度によって菌も繁殖しやすく頭皮の環境は最悪な状態です。

 

 

この時期に一番の悩みどころはやっぱりニオイですよね。

 

 

ニオイの原因も様々ですが、シャンプー・トリートメントの流し残しや、皮脂が酸化してできてしまう過酸化脂質などなど様々です。

 

 

頭皮を清潔に保つことが一番大切ですが、外出先ではどうする事もできないと思いますので、お困りの方は週1~2回の集中クレンジングで頭皮の汚れをしっかり落としておきましょう!

 

 

そして忘れずにしっかりすすぎましょう。

 

 

ちなみに、ルルーのメニューにはスカルプクレンジングというメニューがあります。

 

 

スカルプクレンジングでは炭酸のクレンジングシャンプーを使っていくので過酸化脂質も除去する事ができます!

 

 

お困りの方はぜひご相談ください!

 

 

この暑さで色々と問題も生じてくると思いますが、熱中症には十分に注意をしながら暑さを乗り越えましょう!

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.19更新

2020年のハレザオープンが待ち遠しい 

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

東京オリンピック関連の建設も進んでいるようで、東京はあちこちで建設ラッシュのような感じがしますね。

 

 

そんななか池袋東口の2020年にオープン予定の新名所「ハレザ」も着々と工事が進んでおります。

 

 

ルルーからは工事の様子が良く見えますが、建物が建つのは早いですね!

 

 

オープンする日が待ち遠しいです。

 

 

道行く人々が工事の概要?みたいな一覧を「何ができるんだろう?」と見ているところをたまに見かけます。

 

 

まだそんなには知られていないようですね。

 

 

そこで、少し「ハレザ」について書いていこうと思います。

 

 

ハレザとは何なのか…?

 

 

現在、豊島区は「国際アート・サブカルチャー」などの芸術に力を入れており、それらの発信を目的とした建物のようです。

 

 

ハレザには劇場や映画館などが入る予定で、まさに池袋の芸術の発信地になりそうです。

 

 

豊島公会堂の跡地に建てられたホールは2019年にオープンする予定で、1年間をこけら落とし期間として宝塚や歌舞伎を予定しているそうです。

(おそらくハレザ全体のグランドオープンが2020年になるのでは…?)

 

 

なんだか池袋に宝塚や歌舞伎が来ると思うとすごく身近に感じます。

 

 

一度は見てみたいけど、なかなか敷居が高い感じがしますよね。

 

 

いままで見に行ったことがないから雰囲気がどのような感じなのでしょうか。

 

 

観覧に関して色々と暗黙の了解みたいなものがあるのでしょうか?

  

 

やっぱり宝塚や歌舞伎を見に行くときは美容室でブローやヘアセットなどをしてから行く方も多いのではないでしょうか?

 

 

大丈夫です!美容室ルルーはハレザのすぐ隣にあります(笑

 

 

髪を手入れしてからすぐに会場に向かえますよ。

 

 

途中のビル風で崩れる心配はありませんので、最高の状態で観覧できます!

 

 

会場の近くで美容室を探している方は、ぜひ美容室ルルーをよろしくお願いいたします!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.06更新

紫外線と濡れた髪の良くない組み合わせ

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

早くも梅雨が明けて夏らしい雰囲気がでてきましたね。

 

 

皆さん夏のイベントの準備は整っていますか?

 

 

亡くなる方もいるくらい危険な暑さですから、イベント時はしっかりと暑さ対策をしてから参加しましょう。

 

 

夏のイベントと言ったら海やBBQなどなど、炎天下で行われる事が多いと思いますので、紫外線対策は必須ですよね。

 

 

そこで今回は紫外線が髪に及ぼす影響とケア方法を書いていこうかと思います。

 

 

紫外線で髪がダメージしたと良く言いますが、紫外線を浴びると髪の毛はどの様になってしまうのでしょうか?

 

 

 

 

髪は紫外線を浴びる事により乾燥し、強度が低下していきます。

 

 

また、髪の色素が奪われていき、色が抜けた黄色っぽい感じの色になりやすくなってしまいます。

 

 

そして、プールや海で濡れた髪はこのダメージをより加速させてしまいます。

 

 

ただで際、濡れた髪はダメージしやすいのに、そこに紫外線を受けてしまうと更なるダメージへと繋がってしまうのです。

 

 

「紫外線と濡れた髪」は最悪のコンビネーションですね…

 

 

しかし、海やプールに行って髪を濡れさせないなんてほぼ不可能ですよね。

 

 

そこで最近では一般的になってきましたが、髪のUVケアの洗い流さないトリートメントを使うようにしましょう。

 

 

また、レジャー後のアフターケアもとても大切です。

 

 

紫外線を浴びてもろくなってしまった髪を、トキオトリートメントでしっかりケアして行きましょう。

 

 

サロン用トキオトリートメントは特許技術により毛髪強度140%を実現しているので、紫外線を浴びてもろくなった髪をケアしてくれます。

 

 

夏のケアが秋冬の乾燥した時期につながっていきますので、しっかりとした紫外線対策&アフターケアでこの夏を乗り切りましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux