2019.02.16更新

 

 

 

 

こんにちは

 

池袋東口にある美容室

 

 

L'heureux(ルルー)の石川美鈴ですflower2

 

  

 

冬が過ぎて湿気が多くなってくると

 

 

髪の毛のクセが気になりはじめますよね

 

 

*クセが気になって毎日ストレートアイロンをしている

 

*梅雨になると湿気で広がる

 

*なんだかまとまりにくい

 

 

そんな方は縮毛矯正をかけることで

 

毎日のスタイリングのお悩みが解決できるかもabon

 

 

 

普段はかけていないけれど

 

3月ごろから梅雨前はかけるという方も多いんですrain

 

 

 

前髪や顔まわりのみなど

 

 

お悩みに合わせて部分的にかけることなどもできますので

 

 

お気軽にご相談くださいnote2note

 

 

 

L'heureux(ルルー)の縮毛矯正は

 

 

ミルボンさんのネオリシオというお薬を使用していますihi

 

 

 

今まで縮毛矯正をすると熱ダメージによって

 

 

髪の毛がタンパク変性を起こしてしまっていたのですが

 

 

タンパク変性を起こしにくい薬剤になっていますglitter3

 

 

ネオリシオを使用して縮毛矯正をかけることで

 

 

髪の毛が硬くなりにくく

 

 

カラーの色が沈みにくくなっていますihi

 

 

 

柔らかく扱いやすい

 

生まれた時からストレートヘアのような

 

憧れのサラつやストレートが手に入りますni

 

 

 

髪の毛のクセが気になるという方は

 

 

お気軽にご相談くださいheart

 

柔らかい手触りのネオリシオ

 

ぜひ一度試してみてくださいねstar

 

 

 

池袋 美容室L'heureux(ルルー) 石川 美鈴

 

 

ネット予約なら24時間

 

 

いつでもご予約頂けます。

 

 

 

ネット予約はこちらから

 ネット予約

 

 

ご来店お待ちしておりますni

 

 

 

投稿者: L'heureux

2019.02.08更新

 

 

 

こんにちは

 

 

池袋東口にある美容室

 

L'heureux(ルルー)の石川美鈴ですflower2

 

 

 

 

最近、風が強い日が多いので

 

髪の毛が絡まってしまい大変という方も多いんじゃないでしょうかgan

 

 

風でバサバサになったり、マフラーとの摩擦で絡まってしまったり

 

カラーやパーマなどの繰り返しで大きなダメージを受けていたり

 

乾燥やアイロンなどの使用による日々のダメージなど

 

ダメージが気になってくるとキレイな髪の毛に憧れますよねshun

 

 

 

髪の毛は一度ダメージを受けてしまうと

 

残念ながらキズなどと違い治ることはないんですtears

 

生えてきた瞬間からダメージを受けることしかないんですnamida

 

ダメージを最小限にする事がキレイな髪の秘訣

 

ダメージの原因を知り正しいケアを行うことで

 

髪の毛の状態をキープしていきましょうihiheart2

 

 

 

 

そして冬でダメージを受けてしまった髪の毛も

 

しっかりケアしながら春スタイルへチェンジしていきましょうnote2note

 

 

L'heureux(ルルー)で扱っているトキオインカラミトリートメントは

 

髪の毛の内部でインカラミの反応を起こすことにより

 

今までのトリートメントの常識を覆すような

 

手触りと質感そして持続力を兼ね備えたトリートメントですstar

 

もちろんダメージレベルや髪質によってなどの個人差はありますが

 

まだトキオインカラミトリートメントを試した事がない方も

 

髪の毛のケアにお悩みの方も

 

今まで色々試してきたという方も

 

お悩みの際はぜひ一度お試しくださいglitter3

 

 

 

 

トキオインカラミトリートメントについてもっと詳しく

トキオインカラミトリートメント

 

 

トキオIEインカラミ ホームケアシリーズ

トキオIEインカラミシャンプートリートメント

 

 

初回お得なクーポン

初回クーポン 池袋美容室L'heureux(ルルー)

 

 

 

 

池袋 美容室L'heureux(ルルー) 石川 美鈴

 

 

ネット予約なら24時間

 

いつでもご予約頂けます。

 

 

ネット予約はこちらから

 ネット予約

 

ご来店お待ちしておりますni

 

投稿者: L'heureux