2018.08.23更新

シャンプーの回数が多い方は要注意!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

一度涼しくなりましたが、また暑くなってしまいましたね…

 

 

まだまだ夏は終わりそうにないですね。

 

 

こうも暑いと冬場に比べてシャンプーの回数が増えている方も多いのではないでしょうか?

 

 

特にシャンプーの回数が多い方、シャンプー剤は刺激の少ないマイルドなものを使うようにしましょう。

 

 

しかし、近頃いろいろなシャンプーが出てきましたが、パッケージを見ているだけだと違いがわからないですよね!

 

 

やっぱり成分を見ないとハッキリとはわからないので、すごく簡単にシャンプー成分の内訳を書いていきます。

 

 

シャンプー成分の60%くらいは水で、次に入っているものが界面活性剤になります。

 

 

要するに洗浄成分になるのですが、だいたい30%くらいは洗浄成分です。

 

 

そして、残りの10%くらいはトリートメント成分や香料、防腐剤などになります。

 

 

最後に書いた残りの10%ですが、いろいろなものが入っての10%なので、成分全体で見た場合のトリートメント成分はごくわずかだと考えられます。

 

 

しかし、シャンプーを買う時って「髪の芯まで潤う」とか「補修成分が髪を~」みたいなキャッチコピーに目が行ってしまいますよね。

 

 

そのキャッチコピーの主役になるはずの補修成分って極わずかしか入っていない場合もあります。

 

 

そもそもシャンプーの目的は、お湯で流す事の出来ない汚れを取り除く事にあります。

 

 

その汚れを取るために必要になるものが界面活性剤です。

 

 

もちろん界面活性剤ですので髪や肌に多少なりともダメージを与えてしまいます。

 

 

週2~3回の仕様なら洗浄力の強いものを使いたいですが、毎日使うものですから髪や肌をダメージさせにくい安全性の高いものを

使いたいですね。

 

 

シャンプーはいかに髪や頭皮をダメージさせないで汚れを落とすかにかかっているので、補修成分を気にして購入するよりは、成分の大半を占めている洗浄成分で選ぶ事が大切です。

 

 

以前簡単な見分け方を書きましたが、なかなか自分で見分けるのは難しいと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.08.17更新

秋のスタイルチェンジをスムーズに!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

暑い日が続いていますが皆さん体調はいかがでしょうか?

 

 

夏バテにはなっていませんか?

 

 

この暑さが終われば過ごしやすいはずの秋がやってきますね!

 

 

今年の秋は涼しくなるといいのですが...

 

 

ところで、秋と言ったら夏で傷んだ髪と抜け毛に毎年悩まされる時期でもあります。

 

 

毎年秋のヘアケアに悩まされている方は、今の暑い時期のケアが大切になってきます。

 

 

特に毎年不安になる事と言ったら抜け毛と言う方も多いのではないでしょうか?

 

 

秋の抜け毛にはいくつかの原因があります。

 

 

夏の紫外線で頭皮がダメージを受けていたり、暑さでの疲れや栄養がかたよっていたりする事が原因で秋に抜け毛が多くなってしまうと言う事。

 

 

もう一つの説は、動物が夏毛から冬毛に生え変わるのと同じで、大昔の動物的な身体の変化が現代の人間にも残っていると言う説もあります。

 

 

とにかく今できる事は、紫外線対策と栄養バランスをしっかり考えて、頭皮と身体のケアをしていく事です。

 

 

今のうちにしっかりとケアをしていけば秋の抜け毛やパサつきを抑える事ができると思います。

 

 

毎年秋に髪が抜けすぎて心配になってしまう方は紫外線対策と栄養バランスを心がけるようにしましょう。

 

 

また、秋口にスムーズにスタイルチェンジができるよう、今のうちからしっかりとヘアケアをしておくことも忘れずに!

 

 

この暑さもあと少しです、お互い頑張りましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.22更新

暑くても髪はしっかり乾かそう!

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

皆さん暑さに負けずに頑張っていますか? 

 

 

この暑い時期に厄介なものと言ったら髪を乾かす時のドライヤーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

 

なるべくだったらドライヤーを使いたくないですよね。

 

 

エアコン・ドライヤー・扇風機を駆使して乾かしている方もいますし、ドライヤーが嫌で髪をバッサリ短く切る方もいらっしゃいます。

 

 

乾かすのが暑いからと言って濡れたまま放置するのは要注意です。

 

 

知っている方も多いと思いますが、髪は濡れている時の方がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

美容室でトリートメントをしても、良いシャンプーを使っていても全て台無しになってしまう危険性があります。

 

 

トリートメントなどの補修するヘアケアも大切ですが、傷ませないヘアケアと言う考え方もとても大切です。

 

 

そして、あまりいないとは思いますが、濡れたまま寝るのはすごく危険です!

 

 

たまに見かけるのですが、後頭部の髪が「グリグリ」になって傷んでる方がいますが、そんな風になりかねないです。

 

 

一度なってしまうと、とても厄介ですので乾かしていな方はしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

 

 

また、濡れたまま放置していると、菌が繁殖してしまい頭皮や髪が不衛生になってしまいます。

 

 

菌が繁殖してしまうと臭いの原因にもなってしまいます…

 

 

意外と自分のニオイって気づきにくいのでしっかりとケアしておきましょう!

 

 

暑いとは思いますがお風呂上りはなるべく早めに乾かして、ダメージから髪を守って衛生的な頭皮にする事を心がけましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.20更新

続く猛暑日に気をつけよう!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

全国で猛暑日が続いていて、とにかく暑いですね…

 

 

熱中症で搬送されている方も多いようですので、皆さん気をつけて下さい。

 

 

それにしてもこれだけ暑いと、気をつけていても夏バテになってしまいますよね…

 

 

夏バテも髪へ悪影響を及ぼす危険性があるので注意が必要です!

 

 

夏と言ったら紫外線が髪に悪影響を及ぼすことは皆さんも知っていると思いますが、暑さも間接的に髪に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

皆さんも経験があると思いますが、暑い日が続くと夏バテっぽい感じになってしまい、食欲がどうも出ないってことありますよね?

 

 

髪の毛を形成している成分は身体の中を巡って余った栄養で形成されているので、食生活が偏ったり栄養が足りていないと、髪の毛にも影響が出てきてしまいます。

 

 

具体的には、髪がパサパサになったりハリコシが出にくかったり、弱々しいダメージのしやすい髪になってしまったりと、髪への影響は様々です。

 

 

一概には言えませんが、どちらかと言ったら紫外線は今生えている髪への影響が大きく、夏バテはこれから生えて来る髪への影響が大きいように思います。

 

 

また、高温と湿度によって菌も繁殖しやすく頭皮の環境は最悪な状態です。

 

 

この時期に一番の悩みどころはやっぱりニオイですよね。

 

 

ニオイの原因も様々ですが、シャンプー・トリートメントの流し残しや、皮脂が酸化してできてしまう過酸化脂質などなど様々です。

 

 

頭皮を清潔に保つことが一番大切ですが、外出先ではどうする事もできないと思いますので、お困りの方は週1~2回の集中クレンジングで頭皮の汚れをしっかり落としておきましょう!

 

 

そして忘れずにしっかりすすぎましょう。

 

 

ちなみに、ルルーのメニューにはスカルプクレンジングというメニューがあります。

 

 

スカルプクレンジングでは炭酸のクレンジングシャンプーを使っていくので過酸化脂質も除去する事ができます!

 

 

お困りの方はぜひご相談ください!

 

 

この暑さで色々と問題も生じてくると思いますが、熱中症には十分に注意をしながら暑さを乗り越えましょう!

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.07.06更新

紫外線と濡れた髪の良くない組み合わせ

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

早くも梅雨が明けて夏らしい雰囲気がでてきましたね。

 

 

皆さん夏のイベントの準備は整っていますか?

 

 

亡くなる方もいるくらい危険な暑さですから、イベント時はしっかりと暑さ対策をしてから参加しましょう。

 

 

夏のイベントと言ったら海やBBQなどなど、炎天下で行われる事が多いと思いますので、紫外線対策は必須ですよね。

 

 

そこで今回は紫外線が髪に及ぼす影響とケア方法を書いていこうかと思います。

 

 

紫外線で髪がダメージしたと良く言いますが、紫外線を浴びると髪の毛はどの様になってしまうのでしょうか?

 

 

 

 

髪は紫外線を浴びる事により乾燥し、強度が低下していきます。

 

 

また、髪の色素が奪われていき、色が抜けた黄色っぽい感じの色になりやすくなってしまいます。

 

 

そして、プールや海で濡れた髪はこのダメージをより加速させてしまいます。

 

 

ただで際、濡れた髪はダメージしやすいのに、そこに紫外線を受けてしまうと更なるダメージへと繋がってしまうのです。

 

 

「紫外線と濡れた髪」は最悪のコンビネーションですね…

 

 

しかし、海やプールに行って髪を濡れさせないなんてほぼ不可能ですよね。

 

 

そこで最近では一般的になってきましたが、髪のUVケアの洗い流さないトリートメントを使うようにしましょう。

 

 

また、レジャー後のアフターケアもとても大切です。

 

 

紫外線を浴びてもろくなってしまった髪を、トキオトリートメントでしっかりケアして行きましょう。

 

 

サロン用トキオトリートメントは特許技術により毛髪強度140%を実現しているので、紫外線を浴びてもろくなった髪をケアしてくれます。

 

 

夏のケアが秋冬の乾燥した時期につながっていきますので、しっかりとした紫外線対策&アフターケアでこの夏を乗り切りましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.06.04更新

トリートメントで髪が傷む!?

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

髪がサラサラ・ツヤツヤのヘアスタイルって憧れますよね。

 

 

トリートメントをすると髪がツヤツヤになると思いますが、それは本当に髪が補修されているからなのでしょうか?

 

 

実は髪がツヤツヤでもダメージの有無はあまり関係ありません。

 

 

ツヤツヤ感は髪に当たった光の反射なので、乱反射を防げばハイダメージの髪でもツヤツヤに仕上げる事ができます。

 

 

また、トリートメントをして髪がツヤツヤになったからと言って,必ずしもダメージが補修された訳ではありません。

 

 

トリートメントのツヤツヤ感は髪の表面の凹凸をフラットにし、光の乱反射を防いで、光が均等に反射するようにしているのです。

 

 

髪の補修(内部補修)とツヤツヤ感はあまり関係ないんです。

 

 

また、この髪の表面の凸凹をフラットにしてくれるコーティング剤は使い方によっては髪を痛めてしまいます。

 

 

どういう事かと言うと

 

 

カラーやパーマなどをした場合トリートメントをする事が多いと思いますが、施術後、普通にトリートメントをしてしまうと、髪内部にトリートメント成分と一緒に薬剤も入

れたままコーティングしてしまう事になります。

 

 

これは髪にとても良くないことです。

 

 

しかも、髪をキレイにしたくてトリートメントをしているのに、結果的に髪の毛を傷めてしまう事になります。

 

 

お店を出た時はいいのですが、数日して以前より髪が傷んだような気がするのはこの事が大きく関係している場合が多いのです。

 

 

では、どうすれば良いのでしょうか…?

 

 

実はとても考え方はシンプルです。

 

 

髪に入り込んだ悪影響を起こす薬剤を取り除いてからトリートメントをするだけです。

 

 

少しひと手間ですが、この薬剤の除去作業をするのと、しないのとではダメージの蓄積具合がだいぶ変わってきます。

 

 

髪のツヤツヤ感だけには騙されないでください(笑)

 

 

トリートメントをして扱いやすくなったか、どうか?

 

 

1~2週間後にダメージが進んでないか?

 

 

一度確認してみて下さい。

 

 

ルルーはダメージのしにくい施術を心がけておりますので、一度体験してみて下さい!!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.25更新

シャンプーを分類してみよう!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近シャンプーの種類って凄く多くなってきましたよね。

 

 

たまにドラッグストアに行って市販のシャンプーを見たりするのですが、ボトルやボトルの裏面に書いてある文面を見ても、イマイチ違いが分かりませんよね?

 

 

シャンプーを選ぶ時、他のシャンプーとの違いが分からないから、香りやボトルのデザイン、または雰囲気で選んでしまいがちです。

 

 

皆さんも経験があると思いますが、シャンプーって種類によって髪の仕上がりが全然違ってきますよね。

 

 

実はシャンプーの種類は洗浄成分である界面活性剤の種類によって大きく3つに分ける事ができます。

 

 

その3つとは、

 

 

「高級アルコール系シャンプー」

 

 

「アミノ酸系シャンプー」

 

 

「石鹸系シャンプー」

 

 

に分けることができます。

 

 

この3つの特徴をそれぞれ書いていきます。

 

 

 

・高級アルコール系シャンプー

 

ドラッグストアなどで多く販売されているシャンプーが高級アルコール系シャンプーになります。

 

洗浄力がとても強くしっかり洗える半面、頭皮に必要な油分まで落としてしまうので注意が必要です。

 

また、原価が安いのでシャンプーの値段を抑えることができます。

 

成分表の表記名・「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」

 

 

 

・アミノ酸系シャンプー

 

人の身体を構成している成分と同じなので、髪や頭皮を優しく洗い上げてくれます。

 

適度な油分を残してくれるので非常にオススメのシャンプーですが、原価が高いためシャンプー自体の価格が高くなってしまうのが欠点です。

 

成分表の表記名・「グルタミン酸」「メチルアラニン」「メチルタウリン」など…

 

 

 

・石鹸系シャンプー

 

天然由来の成分でできているので、比較的安全性が高いと言われていますが、洗浄力が強いです。

 

さっぱり感とハリコシ感は出ますが、ごわついたりキシミが出たりしてしまうので、仕上がりはあまり良くないかもしれません。

 

成分表の表記名・「石けん素地」「ラウリン酸ナトリウム」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」

 

 

そして、これらの成分にシリコンの有無と言った感じで分かれています。

 

 

ちなみにルルー一押しのTOKIO INKARAMI(トキオ インカラミ)シャンプーは「アミノ酸系ノンシリコンシャンプー」の分類になっているので、程よい洗浄力で頭皮、髪共にダメージを与えません!

 

 

洗いあがりもサラサラです。

 

 

種類の多いシャンプーも大きく分類すると、この様な感じになってきます。

 

 

まずは今使っているシャンプーが何かを確認して、合わないようでしたら違う洗浄成分のシャンプーに変えてみるのも良いですね。

 

 

最近のシャンプーは成分が複雑になってきていますので、ご相談にも乗らせていただきます!

 

 

是非ご来店ください!!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.24更新

前髪のペタペタ束感なんとかしたい!

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

日が経つのは早いもので、もう5月終盤!

 

 

過ごしやすい日が続いていますが、これから湿度も気温も上がって過ごしずらい日が多くなってきますね。

 

 

汗もかくし、皮脂も出るし衛生面的には良くない季節ですね。

 

 

そして、こんな時期に良くある悩みが、前髪がペタペタして束感が出てしまう事ではないでしょうか?

 

 

もちろんみんながそうではないと思いますが、この様な悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は前髪のペタペタ束感について書いていこうと思います。

 

 

前髪のペタペタ感の一番の原因は皮脂の可能性が高いんです。

 

 

頭皮やおでこから出た皮脂が髪に付着してペタペタした束感のある前髪へしてしまっているのです。

 

 

他の考えられる可能性としては、ワックスやトリートメント、シャンプーなども考えられます。

 

 

この様になってしまうとシャンプーでしっかり皮脂を取り除きたいと思ってしまいがちですが、理想は洗浄力のマイルドなシャンプーを普段使いして、週1~2回くらいは皮脂をしっかり取り除いてくれるクレンジングシャンプーを使ってあげると良いかと思います。

 

 

シャンプー・トリートメントの際、すすぎはしっかり行ってください!

 

 

また、あまり重たくならないものを使うと良いかと思います。

 

 

更に脂っこい食事は避けてバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

 

 

なるべく前髪にはトリートメント類やワックス類はつけないようにしましょう。

 

 

また、寝不足やストレスでも皮脂が過剰分泌してしまうので、睡眠不足と感じている方はなるべく睡眠をとるようにしましょう!

 

 

これから夏の苛酷な季節になって行きますが、なるべく清潔感を維持して乗り越えられればと思いますので、お困りの方はご相談ください!

 

 

前髪は人の印象をガラッと変えてしまうので、ベストな状態に整えておきたいですね。

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.17更新

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近は暖かくなってきて、昼間は汗ばむ事が多くなってきたと思います。

 

 

これからの時期は頭皮にも汚れが溜まって不衛生になりがちです。

 

 

そこで、皆さん毎日シャンプーすると思いますが、洗浄力の強いシャンプーはなるべく避けるようにしましょう。

 

 

洗浄力の強いシャンプーを毎日使っていると髪のキューティクルをはがしてしまい、髪内部のタンパク質が流出してしまいます。

 

 

すると髪は艶がなくなりパサつきが出てきて、扱いにくくなってしまいます。

 

 

また、洗浄力が強いと必要な頭皮の皮脂までも取り除いてしまい、頭皮を乾燥させてしまいます。

 

 

皮脂がなくなるとバリア機能が低下してしまい、いろいろなトラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

 

シャンプーによるダメージは痛めている感覚がない分、意外と厄介なダメージの一つです。

 

 

毎日シャンプーするのであれば強い洗浄力はあまり必要ありません。

 

 

これらのダメージは洗浄力のマイルドなシャンプーに変えるだけで防げますので、心当たりのある方は早めに対処しましょう!

 

 

オススメのシャンプーは何といっても洗浄力がマイルドなトキオインカラミシャンプー(TOKIO IE INKARAMI)です。

 

 

トリートメントと一緒に使うと、特許技術であるインカラミ反応の効果を体験する事ができます。

 

 

夏のヘアケア早めの対策を!

 

そして、もう一つこの時期に注意しなくてはいけない物のと言えば紫外線ですね。

 

 

紫外線も髪と頭皮にダメージを与えてしまうので、早めの対策が必要です。

 

 

ダメージやカラーの色落ちが気になる方は紫外線にも注意しましょう。

 

 

また、早めに対策をしていると秋の抜け毛も予防できますので、毎年秋ごろに抜け毛が気になってしまう方にも効果的です。

 

 

 夏のヘアケア早めの対策を!

 

夏本番はこれからですが、早めの対策で髪や頭皮をキレイに保っていきましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏 

投稿者: L'heureux

2018.05.02更新

クセ毛?それともダメージ?

こんにちは!池袋ルルーの黒須です!

 

今年は暖かくなるのが早いですね。

 

ここ最近はすごく暖かい日もあって、湿気が多くなってきましたね。

 

この湿気で髪がまとまらない方が多いようで、縮毛矯正のご予約が多くなってきました。

 

今まではクセが気にならなくても、急に気になり始めたって方もいるのではないでしょうか?

 

「自分クセ毛じゃなかったのに」って思ってる方もいらっしゃるのでは…?

 

もしかしたらそれダメージが原因かもしれません!

 

「髪質が変わって来たのか?」と思うかもしれませんが、去年よりもダメージが進んでいるだけかもしれません。

 

クセにも色々あるので適切に対処する必要があります。

 

ダメージした髪は水分を多く含みやすく、空気中の水分を吸ってしまい、髪の毛の中の水分が不均一になる事により、ウネリとして出てきてしまっている事があるのです。

 

対処法は、トリートメントをして空気中の水分を吸ってしまう髪を先に満たしてあげる事です。

 

また、洗い流さないトリートメントを使って湿気に強い髪にしてあげる事も大切です。

 

以前に増してクセや広がりが気になる方で縮毛をしようか悩んでいる方は、一度ヘアケアに力を入れてみてはいかがでしょうか?

 

ケアの仕方などわからない事はルルーへご相談ください。

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

前へ