2021.02.20更新

続く自粛生活、髪への影響を考える

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

 

トップのボリュームがなくなったり、クセが出てきたりして年齢とともにヘアスタイルがキレイに決まらなくなってきたりしていませんか?

 

 

 

年齢により髪質が変わったりすることは良く知られていますが、年齢問わず若い人でも髪質が変わってきてしまうことがあります。

 

 

 

それは栄養不足やストレスなど生活習慣の悪化などによるものです。

 

 

 

体質にもよりますが、ストレスなどで髪が抜けてしまう人もいるくらいですからね。

 

 

 

ストレスって気を付けようがなく、とても難しい問題です...

 

 

 

ストレス以外には、風邪をひいたりして体調が悪くなったりすると不思議と髪のハリコシがなくなってきたりしたことはありませんか?

 

 

 

それは、毛根へ届くはずだった栄養が風邪などを治すために別に使われてしまっていたり、純粋に食欲不振による栄養不足と考えらえています。

 

 

 

コロナも一年が経ち、自粛生活が続いていて、生活環境が変わった人もいるかもしれません。

 

 

 

外食が減って健康的な食生活になった人もいれば、ずっと家にいることが多く逆に食生活が乱れてしまっている方などなど... 

 

 

 

以前と生活環境が変わって不規則な生活になってしまった人は注意してください。

 

 

 

若くても生活が不規則になり、食事などでもしっかり栄養が取れていないと髪がパサついたり、ハリコシが出なくなったりします。

 

 

 

最悪の場合、薄毛の原因にもなりますので気を付けたいところです。

 

 

 

健康な髪を維持するためにも、なるべく栄養バランスの良い食事と適度な運動を心がけるようにしましょう!

 

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

SEARCH

ARCHIVE