2020.07.16更新

 枝毛・切れ毛に気をつけよう!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

来週には梅雨明けになりそうな予感ですが、これからの季節はダメージが気になってくる季節ですね。

 

 

今まで枝毛と切れ毛に悩まされたことはありませんか?

 

 

ダメージが蓄積されると毛先を中心に発生してしまう事が多いと思います。

 

 

これから髪を明るくすることが多くなったり、紫外線で髪が痛んだりと枝毛や切れ毛が発生しやすい季節でもありますので、詳しく書いていこうかと重います。

 

 

枝毛や切れ毛の原因はカラーやパーマによってキューティクルが傷つきタンパク質が流出してしまって、髪がもろくなることから起こります。

 

 

また、高温のアイロンも注意してください!

 

 

髪に高温のアイロンを使うとタンパク質が変形し、髪の内部に空洞ができてしまいもろい髪へと変わっていきます。

 

 

そして高温のアイロンで挟んで強く引っ張ったりするとキューティクルが損傷してしまい、タンパク質の流出にもつながります。

 

 

枝毛や切れ毛の予防は、高温のアイロンに注意することと、キューティクルにダメージを与えないことが大切です!

 

 

キューティクルにダメージが発生する場合は

 

・髪を濡れたまま放置

 

・強引にブラッシング

 

・紫外線

 

・シャンプーの仕方

 

などがあります。

 

 

髪は濡れている時はとてもデリケートですので、シャンプーをする際は髪どうしをこすり合わせないようにしっかり泡を立ててから洗いましょう。

 

 

また、アイロンなどの熱を使う場合はオイルなどで保護をしながら使うようにしてください。

 

 

毛先の枝毛や切れ毛がなくなるだけでも髪はキレイに見えますので、少し注意をしながら生活をしていきましょう。

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

SEARCH

ARCHIVE