2020.04.25更新

ほとんどの方が複合ダメージ

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

パサついたり、絡んだりとダメージにも色々ありますよね。

 

 

ダメージの仕方によって的確に補修をしていけると効率よく髪が良くなっていくのではないでしょうか?

 

 

 

目安ではありますが、ダメージした時の髪の症状と原因、対策を簡単に書いていこうと思います。

 

 

 

 

・髪が広がる・・・乾燥して油分が保たれていない状態。

 

水分を保てるようにする。

適度な油分で重さを与える。

 

 

 

・パサつく・・・水分が不足しパサパサになる。

 

水分保持力を上げる。

 

 

 

・絡む・・・キューティクルが浮き上がったり、剥がれたりして摩擦が大きくなって絡む。

 

キューティクルの接着。

疑似キューティクルでコーティング。

 

 

 

・ツヤがない・・・毛内部のダメージにより表面の不均一さによる乱反射。

 

髪内部を補修。

髪表面の均一化。

 

 

 

髪のダメージはこれらの症状が複雑に絡みあって起きています。

 

 

カラーやパーマをしている方はダメージをなくすことは難しいかもしれませんが、ダメージ補修に特化したTOKIOのホームケアシリーズを使うことである程度、髪は良くなっていきます。

 

 

上記で上げた症状にはTOKIOシャンプー、トリートメント、集中ケアのホーム、洗い流さないトリートメントを使うことでカバーすることができます。

 

 

ダメージが気になる方はぜひ使ってみてください!

 

 

TOKIOシリーズの購入はこちら

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

SEARCH

ARCHIVE