2018.07.30更新

シャンプーの防腐剤って?

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

今年は全国的に気温・湿度共に高くて過ごしずらい日が続きますね…

 

 

この高温多湿で食べ物も食中毒が心配です。

 

 

これだけ気温が高いと、お弁当などの食べ物を外に持って行くのが怖いですよね。

 

 

今年はそれだけ過酷な環境になっているという事ですね。

 

 

そして、高温多湿と言ったら風呂場ですよね!

 

 

お風呂場は非常に過酷な環境なのです。

 

 

そこに置いてあるシャンプーは大丈夫なのでしょうか?

 

 

実はシャンプーも腐ってしまうんです。

 

 

シャンプー容器に記載されている成分の先頭に来ているものは水ですよね。

 

 

大半が水でできているシャンプーは腐ってしまいます。

 

 

そこで腐らせないように配合されているものが防腐剤です。

 

 

しかし、この防腐剤の考え方が面白いのです。

 

 

シャンプーに防腐剤が「必要派」と「必要ない派」の攻防があるのです。

 

 

考え方の違いなのでなんとも言えませんが…

 

 

ちなみに、自分は防腐剤必要派です(笑)

 

 

防腐剤は高温多湿のお風呂場の中でシャンプーを腐らせないようにするために配合されているのですが、菌の繁殖を抑えるので多少の毒性があると言われています。

 

 

シャンプーに防腐剤が入ると安全性に欠けるという事です。

 

 

そこで、安全性を謳った無添加のシャンプーが出てきます。

 

 

無添加のシャンプーを発売するメーカーは防腐剤の危険性をアピールしてきます。

 

 

一方、防腐剤配合のシャンプーを作っているメーカーは防腐剤が入っていない事での危険性をアピールしてきます。

 

 

何にでも長所・短所がありますから、どちらが良い悪いはないのではないでしょうか?

 

 

そこで大事になってくる事は、自分の考えです。

 

 

個人的には防腐剤がシャンプーに入っていても良いと考えています。

 

 

防腐剤が入っていると言っても少量ですし、何よりも防腐剤よりも洗浄成分の方が大切だと考えています。

 

 

しかも、洗浄成分が良質なものだと腐りやすいし、ほとんどのシャンプーに配合されています。

 

 

また、腐ったシャンプーはすごく臭いです…(笑)

 

 

防腐剤にはいろいろな種類があるのでパラベン(防腐剤)フリーと書いてあっても、完全に防腐剤が入っている訳ではなく、パラベンの代わりに他の防腐剤が入っている可能性もあります。

 

 

いろいろな表記の仕方がありますので、惑わされないようにしましょう。

  

 

今はシャンプーの種類が豊富で選ぶのが難しくなってきています。

 

 

自分の考えを大切にし、長所短所を理解したうえで商品を選んでいきたいですね。

 

 

今回は何かと議論される防腐剤の簡単なお話でした!

 

 

ぜひシャンプー選びの参考にしてみて下さい!!

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

SEARCH