2016.10.30更新

スチームイメージ

 

池袋ルルー黒須です。

 

前回、「困ったな~!静電気で髪がまとまらない」で少し触れていますが、今回は髪の毛の乾燥について書いていこうかと思います。

 

静電気で広がってしまう前に、髪の毛が陥る現象・・・

 

それは「水分不足」です。

 

やはり、いかなる時も水分は大切なんですね。

 

では、髪の毛が乾燥している時、髪内部の水分量はどの様になっているのでしょうか?

 

 

 

えっ!髪の毛も水分があるの?

 

みなさん頭を洗った後お風呂から出て髪の毛を乾かしますよね?

 

完全に乾いた様に見える髪の毛も、実は少し水分が残っています。

 

健康な髪の場合、12%前後の水分が残っていますが、その水分が7%を下回ると髪の毛にパサつきが出てきます。

 

空気の乾燥以外にも、ドライヤーでの乾かし過ぎも同じ乾燥です。

 

髪が乾燥するとキューティクルがはがれてきてしまい、はがれたキューティクルの隙間から水分が逃げていき、更に乾燥という悪循環に陥ります!

 

なので、最初の乾燥を抑えることが大切なポイントになりま。

 

 

 

乾燥を抑えるにはどうすればいいの?

 

乾燥した空気は常につきまとうので、いくつかの方法を組み合わせる必要があります。

 

アミノ酸シャンプーを使う

 

静電気の記事でも紹介しましたが、洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーを使うことにより保湿効果を持続させます。

 

洗い流さないトリートメントを使う

 

乾かす前に洗い流さないトリートメントを使うことにより、ドライヤーや空気の乾燥から髪を守ります。

 

洗い流さないトリートメントには保湿力の高い物もありますので、乾燥の時期はそちらを使うと良いかと思います。

 

お部屋の加湿をする

 

空気の乾燥を抑えるために、加湿器などを使うと効果的です。

 

お肌に良いですしね!

 

 

保湿をしかっりしてあげると静電気も防ぐことができますので、今年の冬は保湿美人を目指してみてはいかがでしょうか。

 

池袋ルルー 黒須孝宏

 

 

 

投稿者: L'heureux

SEARCH