2018.06.21更新

湿気で髪が広がる原因

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

池袋を歩いていて思うのですが、皆さん乾燥している時期と比べると明らかに髪の様子が変わってきましたね。

 

 

梅雨時期っぽい髪と言いますか…

 

 

最近は街ゆく人々の髪質を見て季節を感じております(笑)

 

 

髪の広がり具合とか、朝巻いたのに取れてきている感じとか…

 

 

厄介な季節ですよね。

 

 

ところで髪ってなんで湿気で広がってしまうのでしょうか?

 

 

雨や湿気の多い時期は朝セットしても、一歩家を出てしまうと全てが無駄になってしまうという方も多いのではないのでしょうか?

 

 

実は湿気での髪の広がりは髪のダメージが大きく関係している事が多いのです!

 

 

髪の毛はダメージをしてしまうと髪内部のタンパク質が流出してしまい、そこに空洞ができてしまいます。

 

 

その空洞が不均一になっており、不均一の空洞に空気中の水分が入り込んでしまいウネリが出るという仕組みになっています。

 

 

一番大切な事はダメージをさせない事と、タンパク質が流出してしまった空洞をトリートメントで満たしてあげる事です。

 

 

髪のダメージになる要因は色々ありますが

 

・カラーやパーマなどの美容室での施術

 

・紫外線

 

・コテやアイロン、ドライヤー

 

・シャンプー

 

などが考えられます。

 

 

カラーやパーマをしていない方でも、日常生活の中でダメージは発生してしまうので注意してください!

 

 

特にこれからは紫外線のダメージの季節ですね!

 

 

また、汗をかきやすくなってきますので、1日に2回シャンプーする方もいるかもしれませんが、洗浄力が強いシャンプーを使っているとダメージにつながってしまいます。

 

 

髪のウネリもどれだけダメージを抑えるかによって変わってきますので、しっかりとしたヘアケアを心がけましょう!

 

 

わからない事がありましたらご、ぜひ相談ください!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.06.07更新

黒染めをする場合はご相談ください!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

突然何かの行事や、就活・転職で髪を暗くしないといけない時ってありますよね?

 

 

人生何があるかわからないですからね。

 

 

なるべくだったら染めたくない方も多いのではないでしょうか?

 

 

ブラウンの明るめの色やアッシュやマットなどの色味だけで暗くした場合は、自然と色が抜けてくるので問題ないのですが、一度ガッツリ黒くしてしまうと普通のカラー剤では明るくならないのです。

 

 

これから黒髪をキープするって言うのであれば良いのですが、明るくしたいってなった時は大変です。

 

 

黒染めを明るくするには、ブリーチ剤や脱染剤を使わないと明るくなりません…

 

 

しかも、黒染めはキレイに明るくなりにくくムラ染まりになる場合が多いのです。

 

 

また、頑張って明るくしたとしても赤味が残ってしまい、アッシュ系などの色が入りにくくなってしまいす。

 

 

一度黒染めをしてしまったら最後なので、

 

 

「本当に真黒くする必要があるのか?」

 

 

「どのくらいの暗さで、いつまで暗い色でいないといけないのか?」

 

 

「何用の黒染めなのか」

 

 

一度しっかりと考える必要があります。

 

 

ブリーチをしてしまうとダメージが出てしまううえに、キレイに染まらないないなんて最悪ですよね…

 

 

黒染めはその後の事もしっかり考えたうえで薬剤を選定しておくと、明るくしたくなった時にお客様への負担が軽くなる場合もあります。

 

 

黒染めの際は、一度美容室で相談してからしっかり話し合って染める事をおすすめします。

 

 

そして、くれぐれも自分では染めないようにしましょう!

 

 

ホームカラーで黒染めをしてしまうと、明るくしたときにすごいムラになる確率がグンと上がってしまいます。

 

 

また、最近は普通のカラー剤で多少明るくすることのできる黒染めも出てきていますので、一度ご相談ください!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.06.06更新

カットでパーマ復活! 

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

どうやらついに梅雨入りしてしまったようですね…

 

 

「梅雨入り」と聞くと一気に憂うつな気分になってしまいます…

 

 

なんとか気分を変えたいですよね?

 

 

冬~春辺りでかけたデジタルパーマが梅雨時期の湿気を吸ってしまい、まとまらなくて扱いに困っていませんか?

 

 

「毛先がパサついてまとまらない」

 

 

「パーマ感がなくなってクセでウネってるみたい」

 

 

などなど…

 

 

皆さんはどのくらいの期間パーマが生きている感じがしますか?

 

 

実際、パーマが完全に伸びてしまっていたらダメなのですが、もしかしたらヘアスタイルのバランスが崩れて、髪が重くなってしまいウェーブが出にくい状態なのかもしれません。

 

 

髪質・かけ方・ケアの仕方などで変わってくると思いますが、せっかくかけたのだからしっかり持たせたいですよね!

 

 

今回パーマが取れてきてしまったのでかけ直そうかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

 

パーマが完全になくなってしまっていたら不可能なのですが、ある程度はカットで復活させる事ができます。

 

 

カラーもしてパーマをしていると時間もかかるので、一度カットでのパーマ復活をパーマとパーマの間に挟んであげると綺麗にヘアスタイル保つことができます。

 

 

しかも、パーマのかけたてとは少し違う感じに仕上がりますので、それはそれでよ良いかもしれませんよ!

 

 

あまりパーマをかける時間が取れない方は一度ご相談ください!

 

 

憂うつなこの時期はいつもと違う方法、ちょっと雰囲気の違うヘアスタイルで気分転換しましょう。

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.06.04更新

トリートメントで髪が傷む!?

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

髪がサラサラ・ツヤツヤのヘアスタイルって憧れますよね。

 

 

トリートメントをすると髪がツヤツヤになると思いますが、それは本当に髪が補修されているからなのでしょうか?

 

 

実は髪がツヤツヤでもダメージの有無はあまり関係ありません。

 

 

ツヤツヤ感は髪に当たった光の反射なので、乱反射を防げばハイダメージの髪でもツヤツヤに仕上げる事ができます。

 

 

また、トリートメントをして髪がツヤツヤになったからと言って,必ずしもダメージが補修された訳ではありません。

 

 

トリートメントのツヤツヤ感は髪の表面の凹凸をフラットにし、光の乱反射を防いで、光が均等に反射するようにしているのです。

 

 

髪の補修(内部補修)とツヤツヤ感はあまり関係ないんです。

 

 

また、この髪の表面の凸凹をフラットにしてくれるコーティング剤は使い方によっては髪を痛めてしまいます。

 

 

どういう事かと言うと

 

 

カラーやパーマなどをした場合トリートメントをする事が多いと思いますが、施術後、普通にトリートメントをしてしまうと、髪内部にトリートメント成分と一緒に薬剤も入

れたままコーティングしてしまう事になります。

 

 

これは髪にとても良くないことです。

 

 

しかも、髪をキレイにしたくてトリートメントをしているのに、結果的に髪の毛を傷めてしまう事になります。

 

 

お店を出た時はいいのですが、数日して以前より髪が傷んだような気がするのはこの事が大きく関係している場合が多いのです。

 

 

では、どうすれば良いのでしょうか…?

 

 

実はとても考え方はシンプルです。

 

 

髪に入り込んだ悪影響を起こす薬剤を取り除いてからトリートメントをするだけです。

 

 

少しひと手間ですが、この薬剤の除去作業をするのと、しないのとではダメージの蓄積具合がだいぶ変わってきます。

 

 

髪のツヤツヤ感だけには騙されないでください(笑)

 

 

トリートメントをして扱いやすくなったか、どうか?

 

 

1~2週間後にダメージが進んでないか?

 

 

一度確認してみて下さい。

 

 

ルルーはダメージのしにくい施術を心がけておりますので、一度体験してみて下さい!!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.31更新

梅雨時期の頭皮トラブル

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

早くももう5月の最終日になってしまいました!

 

 

最近、徐々に湿度が上がってきているように感じますが、どうやら関西方面は梅雨入りしたようですね。

 

 

これからの時期はとても憂鬱な季節になっていきますね…

 

 

日本は湿度が高いおかげでお肌がキレイな人が多いとの話もありますが、毎日ジメジメしているのもイヤですよね。

 

 

この時期は湿度と共に気温も上がって不快感Max!

 

 

不快感Maxのこの湿度、日々生活していくには頭皮にいろいろトラブルを起こしてしまいがちです。

 

 

そこで気になるトラブルと言えば、頭皮の「ニオイ」「ベタつき」「かゆみ」ではないでしょうか?

 

 

しかし、しっかり対策をとれば症状を抑えることができます。

 

 

この症状の原因は菌の繁殖による事が主な原因で、菌は高温多湿を好みますので、これからの時期は非常に繁殖しやすくなってしまいます。

 

 

そこでなるべく頭皮は清潔にしておく必要がるので、日常の注意点は

 

・お風呂上りはしっかりと頭皮・髪を乾かす

 

・汗をかいたらなるべくふき取る

 

・なるべく雨に濡れない

 

この三つが大切です。

 

 

また、ベタベタして気持ち悪いからと言って洗浄力の強いシャンプーを毎回使用したり、1日に何回もシャンプーをするなどシャンプーのし過ぎには注意しましょう。

 

 

頭皮の保護機能が低下してしまい「かゆみ」や「フケ」の原因になる恐れがあります。

 

 

そしてエアコンによる乾燥も注意が必要です。

 

 

皆さんもご存知の通り、お肌を乾燥させてしまうのでこの乾燥も「フケ」や「かゆみ」の原因になりがちです。

 

 

なるべくエアコンの風を避ける事と、どうしても乾燥しがちであれば頭皮の保湿をしてくれるシャンプーを使ってみるのも良いと思います。

 

 

お困りのことなどありましたらご相談ください!

 

 

高温多湿の嫌な時期になりますが、上手に乗り越えていきましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.25更新

シャンプーを分類してみよう!

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近シャンプーの種類って凄く多くなってきましたよね。

 

 

たまにドラッグストアに行って市販のシャンプーを見たりするのですが、ボトルやボトルの裏面に書いてある文面を見ても、イマイチ違いが分かりませんよね?

 

 

シャンプーを選ぶ時、他のシャンプーとの違いが分からないから、香りやボトルのデザイン、または雰囲気で選んでしまいがちです。

 

 

皆さんも経験があると思いますが、シャンプーって種類によって髪の仕上がりが全然違ってきますよね。

 

 

実はシャンプーの種類は洗浄成分である界面活性剤の種類によって大きく3つに分ける事ができます。

 

 

その3つとは、

 

 

「高級アルコール系シャンプー」

 

 

「アミノ酸系シャンプー」

 

 

「石鹸系シャンプー」

 

 

に分けることができます。

 

 

この3つの特徴をそれぞれ書いていきます。

 

 

 

・高級アルコール系シャンプー

 

ドラッグストアなどで多く販売されているシャンプーが高級アルコール系シャンプーになります。

 

洗浄力がとても強くしっかり洗える半面、頭皮に必要な油分まで落としてしまうので注意が必要です。

 

また、原価が安いのでシャンプーの値段を抑えることができます。

 

成分表の表記名・「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」

 

 

 

・アミノ酸系シャンプー

 

人の身体を構成している成分と同じなので、髪や頭皮を優しく洗い上げてくれます。

 

適度な油分を残してくれるので非常にオススメのシャンプーですが、原価が高いためシャンプー自体の価格が高くなってしまうのが欠点です。

 

成分表の表記名・「グルタミン酸」「メチルアラニン」「メチルタウリン」など…

 

 

 

・石鹸系シャンプー

 

天然由来の成分でできているので、比較的安全性が高いと言われていますが、洗浄力が強いです。

 

さっぱり感とハリコシ感は出ますが、ごわついたりキシミが出たりしてしまうので、仕上がりはあまり良くないかもしれません。

 

成分表の表記名・「石けん素地」「ラウリン酸ナトリウム」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」

 

 

そして、これらの成分にシリコンの有無と言った感じで分かれています。

 

 

ちなみにルルー一押しのTOKIO INKARAMI(トキオ インカラミ)シャンプーは「アミノ酸系ノンシリコンシャンプー」の分類になっているので、程よい洗浄力で頭皮、髪共にダメージを与えません!

 

 

洗いあがりもサラサラです。

 

 

種類の多いシャンプーも大きく分類すると、この様な感じになってきます。

 

 

まずは今使っているシャンプーが何かを確認して、合わないようでしたら違う洗浄成分のシャンプーに変えてみるのも良いですね。

 

 

最近のシャンプーは成分が複雑になってきていますので、ご相談にも乗らせていただきます!

 

 

是非ご来店ください!!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.24更新

前髪のペタペタ束感なんとかしたい!

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

日が経つのは早いもので、もう5月終盤!

 

 

過ごしやすい日が続いていますが、これから湿度も気温も上がって過ごしずらい日が多くなってきますね。

 

 

汗もかくし、皮脂も出るし衛生面的には良くない季節ですね。

 

 

そして、こんな時期に良くある悩みが、前髪がペタペタして束感が出てしまう事ではないでしょうか?

 

 

もちろんみんながそうではないと思いますが、この様な悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は前髪のペタペタ束感について書いていこうと思います。

 

 

前髪のペタペタ感の一番の原因は皮脂の可能性が高いんです。

 

 

頭皮やおでこから出た皮脂が髪に付着してペタペタした束感のある前髪へしてしまっているのです。

 

 

他の考えられる可能性としては、ワックスやトリートメント、シャンプーなども考えられます。

 

 

この様になってしまうとシャンプーでしっかり皮脂を取り除きたいと思ってしまいがちですが、理想は洗浄力のマイルドなシャンプーを普段使いして、週1~2回くらいは皮脂をしっかり取り除いてくれるクレンジングシャンプーを使ってあげると良いかと思います。

 

 

シャンプー・トリートメントの際、すすぎはしっかり行ってください!

 

 

また、あまり重たくならないものを使うと良いかと思います。

 

 

更に脂っこい食事は避けてバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

 

 

なるべく前髪にはトリートメント類やワックス類はつけないようにしましょう。

 

 

また、寝不足やストレスでも皮脂が過剰分泌してしまうので、睡眠不足と感じている方はなるべく睡眠をとるようにしましょう!

 

 

これから夏の苛酷な季節になって行きますが、なるべく清潔感を維持して乗り越えられればと思いますので、お困りの方はご相談ください!

 

 

前髪は人の印象をガラッと変えてしまうので、ベストな状態に整えておきたいですね。

 

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.21更新

髪の変化を感じ始めていませんか?

 

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

今回は髪の変化について書いていこうかと思います。

 

 

年齢と共に髪にも変化が出てくることは皆さんもご存じだと思います。

 

 

多少の前後はありますが年齢にして男性は20歳前後、女性は35歳前後と言われています。

 

 

この時期を境にハリ・コシがなくなってきたり、ツヤがなくパサつきやすくなってきたりします。

 

 

髪の毛が多くても何故か髪の立ち上がりが弱くヘアスタイルのバランスが崩れてきたりと、いろいろ思い通りにはいかなくなってきますよね。

 

 

そこで、変化を感じ始めたらヘアケアを見直してみるのも良いかもしれません。

 

 

またシャンプーやトリートメントが髪に合わなくなってきている可能性もあります。

 

 

年齢とともに髪にパサつきがでてきてしまいますが、パサつきお抑えたくて「しっとり系」のヘアケア製品を使っていませんか?

 

 

もしかしたら、使っているシャンプーがしっとりし過ぎて、逆にボリューム感をなくしてしまっている可能性もあります。

 

 

髪に合うヘアケア製品を探すのも大変だと思いますが、使うものによっては髪質がガラリと変わることも良くあるので、お困りの方はご相談ください!

 

 

そして一番大切なのは今以上に症状を悪化させないことです。

 

 

髪の変化を感じ始めて、初めて危機感をもってスカルプケアを始める方も多いと思いますが、変化を感じ始めてからケアをするのでは少し遅いのです。

 

 

変化を感じ始める前からヘッドスパやご自宅での頭皮のマッサージなどのスカルプケアをし続ける事がとても大切です。

 

 

スカルプケアって変化を感じにくいから続けるのは大変だと思いますが、ルルーには10分の「プチヘッドスパ」がありますのでカットやカラーのついでに試してみてはいかがでしょうか?

 

池袋ルルー 黒須 孝宏

投稿者: L'heureux

2018.05.17更新

こんにちは!池袋ルルーの黒須です。

 

 

最近は暖かくなってきて、昼間は汗ばむ事が多くなってきたと思います。

 

 

これからの時期は頭皮にも汚れが溜まって不衛生になりがちです。

 

 

そこで、皆さん毎日シャンプーすると思いますが、洗浄力の強いシャンプーはなるべく避けるようにしましょう。

 

 

洗浄力の強いシャンプーを毎日使っていると髪のキューティクルをはがしてしまい、髪内部のタンパク質が流出してしまいます。

 

 

すると髪は艶がなくなりパサつきが出てきて、扱いにくくなってしまいます。

 

 

また、洗浄力が強いと必要な頭皮の皮脂までも取り除いてしまい、頭皮を乾燥させてしまいます。

 

 

皮脂がなくなるとバリア機能が低下してしまい、いろいろなトラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

 

シャンプーによるダメージは痛めている感覚がない分、意外と厄介なダメージの一つです。

 

 

毎日シャンプーするのであれば強い洗浄力はあまり必要ありません。

 

 

これらのダメージは洗浄力のマイルドなシャンプーに変えるだけで防げますので、心当たりのある方は早めに対処しましょう!

 

 

オススメのシャンプーは何といっても洗浄力がマイルドなトキオインカラミシャンプー(TOKIO IE INKARAMI)です。

 

 

トリートメントと一緒に使うと、特許技術であるインカラミ反応の効果を体験する事ができます。

 

 

夏のヘアケア早めの対策を!

 

そして、もう一つこの時期に注意しなくてはいけない物のと言えば紫外線ですね。

 

 

紫外線も髪と頭皮にダメージを与えてしまうので、早めの対策が必要です。

 

 

ダメージやカラーの色落ちが気になる方は紫外線にも注意しましょう。

 

 

また、早めに対策をしていると秋の抜け毛も予防できますので、毎年秋ごろに抜け毛が気になってしまう方にも効果的です。

 

 

 夏のヘアケア早めの対策を!

 

夏本番はこれからですが、早めの対策で髪や頭皮をキレイに保っていきましょう!

 

 

池袋ルルー 黒須 孝宏 

投稿者: L'heureux

2018.05.02更新

クセ毛?それともダメージ?

こんにちは!池袋ルルーの黒須です!

 

今年は暖かくなるのが早いですね。

 

ここ最近はすごく暖かい日もあって、湿気が多くなってきましたね。

 

この湿気で髪がまとまらない方が多いようで、縮毛矯正のご予約が多くなってきました。

 

今まではクセが気にならなくても、急に気になり始めたって方もいるのではないでしょうか?

 

「自分クセ毛じゃなかったのに」って思ってる方もいらっしゃるのでは…?

 

もしかしたらそれダメージが原因かもしれません!

 

「髪質が変わって来たのか?」と思うかもしれませんが、去年よりもダメージが進んでいるだけかもしれません。

 

クセにも色々あるので適切に対処する必要があります。

 

ダメージした髪は水分を多く含みやすく、空気中の水分を吸ってしまい、髪の毛の中の水分が不均一になる事により、ウネリとして出てきてしまっている事があるのです。

 

対処法は、トリートメントをして空気中の水分を吸ってしまう髪を先に満たしてあげる事です。

 

また、洗い流さないトリートメントを使って湿気に強い髪にしてあげる事も大切です。

 

以前に増してクセや広がりが気になる方で縮毛をしようか悩んでいる方は、一度ヘアケアに力を入れてみてはいかがでしょうか?

 

ケアの仕方などわからない事はルルーへご相談ください。

 

池袋ルルー 黒須孝宏

投稿者: L'heureux

前へ